伊豆の国市予防接種情報提供サービス

虐待について知ろう

児童虐待ってなに?
本来、子どもを守るべき保護者(親や親に代わる養育者)が子どもの身体や心を傷つけることを言います。子どもの虐待は大きく分けて4つあります。

身体的虐待
子どもの体に傷ができるほど暴力を加えること
⇒後遺症を残したり、命が危険になることもあります。
例えば、首を絞める・殴る・投げ落とす・激しく揺さぶる・熱湯をかける・溺れさせる・冬の戸外に閉め出すなどがそうです。

心理的虐待
子どもの心を傷つけるようなことを言ったり、精神的に追い詰めたりすること
⇒無感動・無反応・うつ状態・強い攻撃性などが現れることがあります。
例えば、言葉で脅す・無視する・兄弟の間で極端な差別的な扱いをする・子どもの心を傷つける事を言う・子どもの目の前で配偶者などに暴力をふるうなどがそうです。

ネグレクト(養育の拒否・怠慢)
適切な養育をしないで子どもを放置しておくこと
⇒発達の遅れ、栄養失調、死に至ることもあります。
例えば、食事を与えない・ひどく不潔なままにする・病気やけがをしても病院に連れて行かないなどがそうです。

性的虐待
子どもにわいせつな行為をしたり、強要すること。不相応な性的刺激にさらすこと
⇒対人不信を植えつけ、子どもの心身に大きな傷を残します。

虐待は、これら4つが重複して起こっていることが少なくありません。

なぜ虐待は起こるの?(様々な要因)
○子育てが孤立している
 子どもといる時間が長い、子育ての相談相手がいない、近所に知り合いがいない、など。
○家庭内のストレス
 夫婦関係がうまくいかない、家族関係でトラブルがある、経済的不安がある、など。
○子どもとの関係
 育てにくい子どもである、相性が良くない、など。
○養育者の問題
 子どもがかわいくない、虐待されて育った経験がある、病気がちだ、など。
いろいろな要因が複雑に絡み合い、虐待が起こります。
複数の要因を抱えても、虐待が起こらない場合はたくさんあります。
しかし、予想もしなかった虐待行為が突然のように引き起こされることもあります。
それはどこの家庭でも起こりうることなのです。

「虐待」を発見したら・・・
 虐待は家庭の中で起こるため発見されにくい状況にあります。
 そのため、児童虐待を受けたと思われる児童を発見したときは、市(社会福祉課子育て支援室)、あるいは児童相談所に通告することが必要になります。
 これは社会をつくる一人ひとりの義務です。
 通告は子どもを守り虐待している親も救うことになります。

 通告の内容や通告者についての情報などを親などに伝えることはありません。
 発見者の通告が誤報でも罰せられることはありません。

発見に気づくポイント
○不自然な傷やあざ、やけどがある。
○子どもの泣き声が異常である。
○食事や衣類、衛生管理が極端に不適切である。
○性的なことに過度に反応したり、不安を示したり無防備だったりする。
○凍りついたような目で辺りをうかがったり、暗い顔をして周囲とうまく関われない。

ひとりで悩まないで!!
自分の子育てが虐待かもしれないと感じたら、相談してみましょう。
きっと一緒に解決策を考えてもらえます。
相談しようという勇気が解決への第1歩です。

通告先・相談先 保健福祉・こども・子育て相談センター 0558-76-8010
           静岡県東部児童相談所 055-920-2084

≪戻る