伊豆の国市予防接種情報提供サービス

歯を大切にしましょう

むし歯の主な原因は3つ
1.甘い飲食物
2.むし歯菌
3.質の弱い歯


 乳歯は永久歯に比べ歯の表面のエナメル質が薄く、むし歯のすすみが早いのが特徴です。むし歯の原因は糖分だけでなく歯の質も関係します。歯の表面に住みついたむし歯菌が食物を食べ、一定以上経過するという条件がそろって、はじめてむし歯になります。

だから予防も3つ
1 甘いものを控える
○おやつは時間を決めましょう …だらだら食いはむし歯のもと
○1歳を過ぎたらコップを使いましょう
…イオン飲料、ミルク、ジュースなどの糖分の入った飲み物をほ乳瓶で与えていると、前歯の表側や裏側がむし歯になりやすくなります。

2 歯磨きでむし歯菌を取り除く
○歯が生え始めたら湿らせたガーゼで歯をぬぐいましょう。歯磨き習慣の準備になります。
○奥歯が生えてきたら1日1回は仕上げ磨きをしましょう。

ワンポイントアドバイス
 歯磨きのときには、上唇の裏側にあるひものような組織(上唇小帯)
に歯ブラシが当たると痛いので歯ブラシと反対側の人差し指で上唇を押
さえるようにして、上唇小帯をガードしてあげましょう。
 むし歯菌の多くは身近な大人の唾液からうつります。スプーンやコッ
プなどを共有することはやめましょう。

3 歯の質を強くする
歯の質を強くする方法には、フッ素の利用があります。
フッ素とは
○どこにでもある身近な物質です。
○むし歯の活動を抑制します。
○抵抗力の強い歯がつくられます。
フッ素の利用法
歯が生え始めたら、フッ化物入り歯磨き剤を使用しましょう。2歳までは米粒大で3歳から5歳まではあずき粒大、終了後は紙面に残った歯磨き剤を軽く拭き取るか、1回うがいさせましょう。
○フッ素塗布:1歳6か月児健診から年少まで希望者に3か月に1回塗布を実施
○フッ素洗口:年中から中学3年生までは各幼稚園・保育園・小学校・中学校でうがいを実施

問い合わせ先/健康づくり課 055-949-6820

≪戻る