【0歳~未就園児】
中央図書館6月のおすすめ絵本

6月が食育月間であることにちなみ、中央図書館スタッフが未就園児向けの食べ物に関するおすすめ絵本をご紹介します。

◆くまくまパン いちにちパンやさん/西村敏雄(作)

くまのパンやの「くまくまパン」に、動物のこどもたちが見学にきました。ぶたくんとうさぎちゃん、りすくんは、パン作りに挑戦することに。
パンやさんの見学で面白く、パンづくりで楽しく、くまさん達のやさしさに触れてうれしいお話です。

◆いろいろごはん/山岡ひかる(作)

「ほかほか ごはん ふっくら ごはん なにに なるかな いろいろごはん」
ほかほか、まっしろなごはんたちが、ことばのリズムにのって、いろんな料理に変身します。
大好きなごはんのことを、おしゃべりしながら楽しんでほしい、“おいしい”絵本です。

◆くだもの/平山和子(作)

もも、ぶどう、なし、りんごなど、子どもたちに身近な果物が、まず丸ごとの形で示され、次に食べやすい形で「さあ どうぞ」と差し出されます。
果物のみずみずしさを丁寧に描き出した絵に、子どもから大人まで夢中になること間違いなしの食べもの絵本です。

◆やさいたちのうた/藤宮保男(作)、谷口広樹(絵)

たまねぎ、にんじん、れんこん、とまと、かぼちゃ、なす、きゅうり...。子どもたちに身近な野菜たちを、リズミカルで楽しい詩で表現していきます。

お気に入りの1冊を探しに、ぜひ図書館にお越しください。

問合せ/伊豆の国市立中央図書館 0558-76-5566
伊豆の国市立図書館